新型コロナウィルスについて

シナリオ集

イメージプレイを盛り上げる、シナリオをご紹介します。お客様オリジナルのシナリオをご希望の方は、問診票にご記入下さい。

オフィス

オフィス01:女上司との秘密の残業

配役:♂部下×♀女上司

<あらすじ>

俺は今年入社したばかりの新入社員。毎日バリバリ仕事をしている!
その理由は、憧れの女上司に認められたいからだ。
そんなある日、その憧れの上司に残業を命じられた…

<本編>

女:○○くん、頼んでいた仕事はどう?
男:はい、ボチボチ終わる予定です
女:そう、でももう一つ大事なお仕事が残ってるわよ
(女:スカートの裾に指先をひっかけ、ゆっくりと上げ下着を見せる)

男:ぶ、部長?もう一つの仕事って…
女:そんな事…ここまでしている女の私に言わせる気?
(女:ズボン越しに男の最も敏感な場所をさする)

男:部長…俺、最高の仕事しますね!!
(男:耳元で囁きキスをする…その後は欲望のなすがままに…)

オフィス02:同僚との不倫関係

配役:♂社員×♀同僚

<あらすじ>

妻子持ちの俺は、同じ職場の独身女と不倫関係。
その愛人は、かなり俺にメロメロで、俺のいいなり状態♪
今日は、デスクの上で大きく脚を開いて待っていると指示してある。
もちろんノーパンで?

<本編>

(女:ノーパンでデスクの上で脚を開いて待っている)
男:言った通り、恥ずかしい格好で待ってたんだ。いい子だね♪
女:いじわる…もう30分もこんな格好で待ってたんだから…
(男:無言で女の秘部にふれる)
男:もう、こんなにして…こんな事で興奮するなんて、変態だな…
女:もうダメなの…おかしくなっちゃうから何とかして…
男:仕方ないな…どうして欲しい?おねだり出来たらしてやるよ
(そして誰もいないオフィスで、甘い嬌声が響き渡るのであった…)

オフィス03:枕営業

配役:♂課長×♀営業

<あらすじ>

オフィス用品の営業に来る彼女は、私好みの顔立ちと身体で、私は心惹かれていた…割と切羽詰まっているようで頻繁に顔を出す営業 私は自分の権限を利用し、ひとつの提案をしてみた。

<本編>

(男:デスクに座っていると、営業の女が部屋に入ってくる)
女:先日お話しをしたコピー機の件ですが…
男:すまんね、つい最近代えたばかりなのだよ…
(女:うつむく)
(男:立ち上がり女の尻をさする)
男:ただ…何か特典があれば、考えなくもない…
女:と、特典ですか…分かりました…
(女:ゆっくりと服を脱ぎ始める)

(乗り気じゃなかった彼女も、男の優しい愛撫でのめり込んで行く…)

エステ

エステ01:マッサージ師の罠

配役:♂施術士×♀客

<あらすじ>

エステティシャンの俺は、もうれつに悩んでいる…
目の前で横になる女性客は、自分好み。俺のナニが囁くんだ…
「ほら見ろよ、あのプリンとした尻!ほら胸だってほら♪」
イケナイ事だと分かりつつ、俺は彼女の身体を揉みしだいた!

<本編>

(女:うつぶせでベッドに横になっている)
男:お待たせしました。それではマッサージ始めますね♪
女:はい、お願いします。
(男:女の上に覆い被さり胸を揉む)
女:え…なにするんですか!!?
男:ご、ご存知ないんですか?これも最新のマッサージなんですよ!
女:そ、それなら…もっとお願いします…
(そして男の最新マッサージは加速して行く…)

エステ02:エステティシャンの誘惑

配役:♂客×♀施術士

<あらすじ>

待合室で待たされる事数分…いよいよ俺の番だ。
エステティシャンの彼女を見た瞬間、視線は彼女の身体に…
それがバレたのか彼女は、いたずらに笑い 「今日はこっちのマッサージがいいのかな?」と手を伸ばす。

<本編>

男:あお向けで横になり待っている)
女:お待たせいたしましたそれでは…
(女:男に胸元を見せる感じで挑発?)
女:お客様?いまぁ…どこを見てたんですか?

男:べ…べべべべつにどこも見てないですよ!!
女:嘘ついたってダメですよ…
今日は〜こっちのマッサージがご希望ですか?

(そして女のハンドスキルが火を吹く。俺は完全に骨抜きに♪)

エステ03:唇のマッサージ?

配役:♂施術士×♀見習い

<あらすじ>

エステを開業し数年、最近人手が足りなくなる事が多くなった。
そこで新しいスタッフを導入!!勉強熱心で真面目なスタッフだ。
今日も「マッサージを試したい」とお客さん役を頼まれ横になった私にしてきたことは…

<本編>

(男:ベッドにあお向けで寝転がる)
女:じゃぁいいですか…?
男:勉強の成果を見せてもらおうかな?
(女:男の上に馬乗りになりキスをする)
男:え…ちょっと…えええええええ
女:唇のマッサージの後は…舌のマッサージです…
(女:じっくりとディープキスをする)

(まだ見習いだと思っていた彼女のマッサージは、超一流だった…)

学校

学校01:母親の願い

配役:♂教師×♀母親

<あらすじ>

今日は父母懇談で、生徒の親が進路の相談等でやってくる…
とある生徒の母親が「内申書の手心を加えてくれ」と哀願して来た…よくあることだ…だけど、いつもと違う事がひとつ…
広く開かれた襟元から見える生乳?…俺は…俺はダメ教師だ♪

<本編>

(男:教室の椅子に座って待っている)
女:失礼します
男:どうぞ
(女:男の手を握りながら…)
女:先生…うちの子が志望校に入るのに内申点が…

(男:ノーブラの襟元を見つめ続ける)
男:なんとかならなくもないですが…お母さん準備万端ですね」
女:…約束ですよ、先生…
(自らボタンを外し、床に落ちるブラウス…スカート…そして…)

学校02:女教師の誘惑

配役:♂生徒×♀女教師

<あらすじ>

偶然にも教室でオナニーをする担任の姿を見てしまった俺。
それに気付いた先生は、俺を呼び「今日見た事をナイショにして欲しい」と言ってきた…そしてさらに、ナイショにする代わりにある提案をしてきた。その提案は…

<本編>

(女:教室でオナニーしている?)
男:せ…せんせい?
女:○○君!!………ちょっと、こっちにいらっしゃい…
男:え、いや…俺見てないですよ!!なにも!!
女:いい?○○くん、今見た事は先生と2人の秘密。これからしてあげる事も…秘密だからね…
(そして女教師と生徒の秘密の保健体育の授業がはじまった…)

学校03:あの青春をもう一度

配役:♂生徒×♀生徒

<あらすじ>

俺にもついに彼女が出来た!!ただ、まだ手しか繋いでいない…
付き合い始めて1ヶ月…俺は決心した!「キス!!キスする!!!!」
制服姿の大人の男女がタイムスリップしての甘酸っぱい青春を謳歌して下さい。

<本編>

男:今日で付き合い始めて1ヶ月か…
女:そうだね♪
男:なんか、記念になる事しない?
女:え?でも、ここ学校だよ?
男:え?お…お前なに想像してるんだよ!!
女:私だって…したいから…キス…
(男:辛抱たまらず唇を合わせ、舌を絡ませ、胸を揉む)
女:え?キスだけじゃ???
男:もぉ止まらないんだよぉ〜…
(誰もいない教室での甘い思い出作り…これも若気の至り♪)

病院

病院01:奇病の治療

配役:♂患者×♀女医

<あらすじ>

「勃起がおさまらない…」これが僕の病気だ…
そして唯一治せる病院を発見。それが、ここハレンチクリニック。
診療所に入ると大人の色気漂う女医が…彼女は言った…
「これが薬よ…舐めなさい?」愛液を舐めろと指示された僕は…

<本編>

(女:デスクの上でノーパンで脚を広げ待っている)
男:よろしくお願いしま〜す…って先生???
女:勃起がおさまらないんですって?だから薬を処方するわ
男:はい、で…その薬はどこに?
女:目の前にあるでしょ?ほらごんごん溢れてくるコレ?
男:先生、本当にこれで治るんですか?むしろどんどん大きく…
女:ん…まだまだこれは序の口♪本格的な治療はここからよ
(名医のどすけべな治療は続く…)

病院02:恋の病の治し方

配役:♂医者×♀患者

<あらすじ>

町医者を始めて数年。この街にも慣れ、顔見知りの人も増えた。
今日の患者は、いつも犬の散歩をしている近所の未亡人。
そんな彼女の病気は「恋」。
その「恋」という名の病気を治せるのは、僕だけらしい…。

<本編>

(男:病室で患者を待つ)
女:失礼します…
男:あれ?○○さん!!今日はどうしたんですか?
女:最近、胸が苦しくて…それに、体温も上がっちゃうんです…
男:胸が?う〜ん…それじゃ、心音聞いてみましょうか?
女:ダメです、先生の前で脱ぐなんて…余計に苦しくなっちゃう…
男:それって…まさか…
女:先生…治療おねがいします
(医者の手を引き、胸に押し付ける彼女。そして治療は始まった…)

病院03:セクハラ院長の日常

配役:♂院長×♀ナース

<あらすじ>

俺は…偉い!!数々の難しい手術をこなし、命を救って来た。
そんな俺に憧れこのハレンチ病院での勤務を希望する医者やナースは数知れない。この病院の本当の姿も知らずに…

<本編>

(男:部屋で待っている)
女:失礼します
男:お、来たか…まぁこっちへいらっしゃい
(男:立ち上がり、女を抱きしめキスをする)
女:ちょっと…先生…こんな…
男:そうだ新人だったね!この病院ではこれが日常なんだよ
女:でも…こんな…
(男:胸をもみしだく)
(女:男の腕を押さえる)
男:イヤなら、辞めてもらってもかまわないのだが…
(そのひと言を聞いたナースは、押さえていた腕を下ろした…)

和室

和室01:若女将との契約

配役:♂投資家×♀若女将

<あらすじ>

この温泉は見るも無惨な客入りだ…部屋で1人思いにふける。
先代の女将の頃は、賑わっていたな…かく言う自分も、その時代のこの温泉に惹かれ、先代も今の若女将とも顔なじみになった。
スーっと戸の空く音がいた、そこにいたのは若女将だった…

<本編>

(男:部屋で座っている)
女:失礼します
男:若女将…どうかされましたか?
女:もう、この温泉はムリかと…資金も底を突きそうですし…
男:資金提供ならなんとかならなくもないですが…
女:本当ですか!!!!!
男:でも…タダではね…あなたが私の愛人になるなら…
(静かに頷き、女の襟元にそっと男の手が入る…愛人契約完了)

和室02:愛人との温泉旅行

配役:♂会社員×♀愛人

<あらすじ>

不倫関係の彼女と2人きりの温泉旅行。
愛人である彼女は、しがない私には不釣り合いな程のいい女だ。
この小さな温泉宿で、私達は全てを忘れ愛し合う…。

<本編>

(2人:布団の上で抱き合う)
女:やっと2人きりですね…
男:あぁ、そうだね
(男:おもむろにキスをする)
女:まだ、着いたばかりなのに…
(女:男の背中に手を回しキスをする)
女:今日だけは私だけのものなんだから…
(女:男を押し倒し、まるでマーキングをする様に全身を愛撫する)

(その後、二人はお互いの愛を確認し合う…)

和室03:嫌がる隣人妻を…

配役:♂浪人生×♀人妻

<あらすじ>

「もう未来なんて見えねぇ!」不合格が分かり5浪が決定した…
これも全て夜な夜な聞こえる、隣人の愛の営みのせいだ…
俺は、その場の勢いに任せ、隣人に文句を言いに行った!
出て来たのは、喘ぎ声からは想像もつかない清楚な人妻だった。

<本編>

(女:部屋で待っている)(男:部屋に入る)
男:すいません…隣のものですけど…
女:はい、えっと…なにかありましたか?
男:奥さんのエロい声で勉強に集中できないんですよ…
女:え…あの…すいません…
男:謝れば済むと思ってるの?俺の人生がさぁ…
女:気を付けますから…
男:そうじゃなくて、溜まるに溜まってんだよこっちは!!
(始めは嫌がっていた彼女も…徐々に身体を許し始める…)

3P

3P01[和室]:ある意味、修羅場

配役:♂夫♀×嫁♀×愛人

<あらすじ>

妻がパートに出ている合間合間に俺は愛人の○○を呼び出し家で密会を重ねていた…今日もいつも通り、○○を呼び出しいい思いをしていた…おや?玄関の鍵を開ける音が…

<本編>

(男愛:部屋で服を脱がし合っている)
嫁:ただいま〜!!!だ、誰?その女!!
男:ちがうんだ…これはあれだ、あれなんだよ!
嫁:この状況で何がちがうのよ!
愛:あなたに魅力がないから、こうなってるんじゃないの?
嫁:なんですって?なら、どっちが満足させられるか勝負よ!
愛:受けて立とうじゃないの!!
(女達の怒濤の対決が開幕!!ある意味…修羅場です…)

3P02[和室]:義理の姉は欲求不満

配役:♂夫×♀嫁×♀嫁の姉

<あらすじ>

嫁のお姉さんがウチに泊まりきている。
話が盛り上がり、話題はお姉さんの恋愛事情に…
出会いが少ないせいか未婚のお姉さんは「最近、欲求不満で…」と本音を漏らす。そんなとき、嫁がナイスなアイディアを提案!

<本編>

男:お姉さん、最近恋愛の方は?
姉:全然、そう言うのなくて…
嫁:お姉ちゃんモテルのにね〜
姉:そんなことないよ…おかげで、もぉ欲求不満…
嫁:え?じゃぁさ…3人でしよ♪
姉:本当に?いいの?○○くん…でも私じゃイヤ?
男:そ、そんなことないですよ!!
(こうして3人の秘密の関係が始まった…)

3P03[病院]:ドキドキの乳淫性活

配役:♂患者×♀ナース×♀新米ナース

<あらすじ>

はぁ入院生活は退屈だ…だけど楽しみがひとつある。
俺の担当ナースが夜な夜なエロい事をして帰って行くのだ。
今日は新米ナースを連れてくるって言ってたけど…

<本編>

(男:ベッドで寝ている)
女1:○○さん、約束通り連れて来ましたよ♪
女2:はじめまして、○○です
男:おぉ!めちゃめちゃ可愛いじゃないですか!
女1:でしょでしょ?
男:でも、エッチな事はだめなんでしょ?
女2:私…がんばります!患者さんの心のケアも大事ですから!
男:それじゃぁしてもらおうかな!!
女1:じゃぁキスしてあげて
(こうして、2人のナースからのメンタルケアが始まった…)

3P04[オフィス]:2人の女社員との契約

配役:♂社員×♀女社員×♀女社員

<あらすじ>

俺は彼女なんてもってのほか、趣味は盗撮の下衆な男だ。
ただ、こんなダメ男にも希望の光が!!
「2人で話したい事があるの♪」と女性社員に呼び出されたのだ
俺は、期待に胸を膨らませ彼女の元へ向かった

<本編>

女1:あ、きたぁ
男:話したい事って、何ですか?
女1:実は、○○さんが、アナタに話があるんだって!ね
女2:あのね…あの…ふふふ、この前、駅で盗撮してたでしょ!!
女1:あ〜あ…このことバレたらクビだね!このご時世、あんたみたいな奴、採用してくれる会社あるかなぁ〜
男:何でもしますから!会社には!!!

女2:何でも…か。じゃ私達を悦ばせてくれたら許してアゲル♪ (2人の女が近づきキスをする…そして、男の残業がはじまった)

3P05[学校]:三者面談

配役:♂教師×♀生徒×♀生徒の母

<あらすじ>

先日校内で不純異性交遊が発覚した生徒の母親を呼び出し三者面談を行う事に…来年推薦受験を狙っている彼女は内申書に記入しないで欲しいと懇願して来たが…

<本編>

男:まぁ、そこにかけて下さい
母:先生…来年の入試もありますし、このことは…
男:○○は本当に反省しているのか?
生:はい…しています…
男:本当か?なら、この位の事されても文句はないよな?
(男:生徒の胸を揉む)
母:先生…何をなさるんですか!?
男:悪い子はキチンと躾けないと。お母さんにも責任があるんですよ!ほら、何をしているんですか?娘さんは頑張ってますよ?
(母と娘の2人を一度に…親子丼の出来上がりだ♪)

3P06[エステ]:密着感

配役:♂客×♀施術士×♀施術士

<あらすじ>

街を歩いているとティッシュ付きのチラシを貰った。

なんでも近くに新しくエステがオープンしたとのことで、売りは2人のエステティシャンが施術。興味本位で言ってみる事に!

<本編>

(女2人:部屋で待っている)
女1:いらっしゃいませ。早速コチラのベッドに横になって待っていて下さい。
女2:どの辺りが一番こっていますか?
男:あぁ〜肩ですかね…
女2:肩ですね!では、私が上半身で○○さんが下半身を
(女2:胸を男の体に密着させる)
(女1:股間に時たま触れる)
男:あの〜なんかドキドキするんですけど!!
女1:それが当店の売りです。もっとドキドキしてもらいますよ♪
(そうして、マッサージはどんどんエスカレートしていく…)